仮想通貨を購入
法定通貨
マーケット
NFT (非代替性トークン)
New
ダウンロード
English
USD
サポートセンター
FAQ
仮想通貨 (法定通貨 / P2P経由) を購入する
P2P取引
P2Pマーチャントおよびユーザー管理

保証金に関する事項について、広告主管理規定の規約

Binance
2021-09-09 08:47
この条項は、セキュリティデポジット資産(保証金)に関する事項について、広告主管理規定を補完するものです:
1. 保証金:
安全なトランザクションを確保するため、プラットフォームは、P2PマーチャントがプラットフォームによるKYCおよびアンチマネーロンダリングの審査に合格した後、以下の状況においてP2Pマーチャントの保証金を控除する権利を有します。
1.1 保証金の控除状況:
1.1.1 以下の場合、当社は広告主の保証金の一部 または全部を差し引く措置をとることができるものとします:
(1) マーチャント間でトランザクション紛争が生じており、プラットフォームがマーチャントに過失があると判断した場合、加盟店   は責任を負い相応の義務を履行すべきであるにもかかわらず、合理的な期間内に協力または相応の義務を履行せず、その結果、 他の利用者に損失・損害を与える場合;
(2)マーチャントは、  本プラットフォームを利用して、マネーロンダリング、違法・偽装の為替回避・アービトラージ、悪意のあるトランザクション価格の操作、悪意のあるトランザクション注文の乱れ、その他本プラットフォームの規定に違反する違法・犯罪行為・行動を行うものとします;
(3) マーチャントがバイナンスブランドを利用して仲間を募ったり、仲介手数料を請求したり、虚偽のマーケティングを行ったり、悪意のある誤解を招くような連想をしたりするなど、プラットフォームの権利、利益、評判を害するような行為;
(4) 不正に第三者の  銀行カードや取引アカウントを利用させたり、詐欺、マネーロンダリング等の違法・犯罪行為を行い、本プラットフォーム、 関連する利用者または第三者に損害を与えた場合には、マーチャントはその責任を負いません;
(5) マーチャントは、諸般の事情により申請を行い処理を保留している非標準オーダーがある場合、 プラットフォームの審査を経てプラットフォームが決定した 対応責任を負うものとしますが、合理的な期間内にマーチャント  に連絡が取れない場合は、プラットフォームは責任を負わないものとします;
(6) その他、  本プラットフォームの規則等に違反した場合;
(7) マーチャントの行為または、不作為により、加盟店の受取アカウントおよび支払アカウントが凍結された後 、必要な時期にプラットフォームへの入金報告 を行わなかった場合;
(8) その他、プラットフォームが合理的に判断して、マーチャントの過失により保証金を差し引く必要がある場合。
1.1.2 広告主管理規程に基づき、プラットフォームが加盟店の敷金の全部または一部を差し引いた後、マーチャントは、差し引いた金額に相当する金額を保証金に上乗せするものとします。
1.2 実際に  差し引かれる敷金の額は、 プラットフォームのリスク管理評価 により、実際の結果とそれに伴う補償額に基づいて決定されるものとします:
1.2.2 以下のような特別な事情があることがプラットフォームで確認された場合、当社は自動的に保証金から全額を差し引く権利を有するものとします:
(1) プラットフォームは、広告主が詐欺、マネーロンダリング、その他の違法・犯罪行為に直接参加している、またはこれを支援していることを証明する合理的な証拠を有している場合;
(2) マーチャントが他のプラットフォームでクロスプラットフォームトランザクションを行う際に、詐欺やマネーロンダリング関連の事件に結びついていることが判明した場合;
(3) マーチャントが盗品等の不正資産を本プラットフォームに送金していることが判明した場合;
(4) マーチャントのお支払いにより、ユーザーの受信アカウントが凍結され、確認作業中に広告主が  虚偽の認証資料を提供するという不正行為に関与していたことが判明した場合;
(5) マーチャントのお支払いにより、ユーザーの受信アカウントが凍結されましたが、広告主が解決に協力しない場合;
(6) マーチャントの受取・お支払いアカウントが何度も凍結されていますが、いずれも必要に応じて本プラットフォームに報告されていないこと、または広告主の受取・お支払いアカウントが凍結され、本プラットフォームの他の利用者に重大な損害を与えている場合;  
関連記事
バイナンスP2Pマーチャントガイドライン