仮想通貨を購入
法定通貨
マーケット
NFT (非代替性トークン)
New
ダウンロード
English
USD
サポートセンター
FAQ
仮想通貨デリバティブ
先物取引
バイナンス先物取引

バイナンス先物の取引インターフェースをカスタマイズする方法

Binance
2021-07-22 06:52
チュートリアル動画
バイナンス先物の取引プラットフォームでは、カスタマイズ可能なチャート機能や取引ツールが用意されており、プラットフォームの外観の細部まで決めることができます。取引に必要な要素を表示するために、ユニークな外観を選択することができます。

バイナンス先物の取引インターフェースをカスタマイズする方法

バイナンスフューチャーの取引インターフェースにアクセスし、[設定] アイコンをクリックします。 
このパネルでは、[テーマ][カラー設定] [レイアウト]など、トレーディングインターフェースの外観をカスタマイズすることができます。
  • テーマ:ダークモードとライトモードの選択;
  • カラー設定:ローソク足チャート、オーダーブック、時間と売上データ、注文入力ボタンの色を [伝統的][フレッシュ] から選択して変更することができます;
  • レイアウト [注文モード] [複数チャート] を選択して、チャート機能や注文入力欄のレイアウトをカスタマイズできます。
[レイアウト]には次の2つのモードがあります:
1. [複数チャート] では、複数の価格チャートをインターフェイス内に表示することができます。最大で6つのチャートを同時に表示することができます。
2. [注文モード] では、[プロ] [フルスクリーン] が選択できます。 
  • [フルスクリーン] モードでは、初心者トレーダーのためにシンプルな外観になっています。取引要素は固定されており、カスタマイズ不可能で標準的なアイテムや情報のデフォルトビューを表示します。また、左側に購入注文、右側に売却注文の2つの注文入力パネルが表示されます — 左側に購入注文、右側に売却注文のパネルが表示されます — 現物取引のような感覚で利用できます。
  •  [プロ] モードでは、オーダーブック、価格チャート、市場深度など、カスタマイズ可能な高度な取引要素が表示されます。インターフェイスに表示する様々な取引要素を選択することができます。例えば、クイック取引機能を有効にしたい場合は、ボタンをクリックしてターンオンします。
バイナンス先物の取引インターフェースのモジュールもカスタマイズ可能です。オーダーブック、証拠金率、ポジションとオープン注文のパネルはサイズで調整できるので、各モジュールのサイズを自分の好みに合わせて拡大または縮小することができます。
また、モジュールはインターフェイス上で追加、削除、並び替えが可能です。それらをプラットフォーム上にドラッグとドロップするだけで、独自のルック・アンド・フィールを作り出すことができます。
また、お気に入りの市場のウォッチリストなど、お気に入りのモジュールを [市場] ライブラリから読み込むことができます。例えば、どの契約が大きな動きをしているか、あるいは現在のトレンドを把握することができます。

ポジションとオープン注文のパネルをカスタマイズする方法

ポジションとオープン注文パネルには、オープンポジション、リアルタイムの損益、取引履歴など、すべての取引の詳細情報が表示されます。このパネルはカスタマイズも可能です。例えば、想定サイズ、決済注文、ストップロスオーダーなどのポジション詳細の表示をカスタマイズすることができます。 
また、このセクションでは、自動開発清算(ADL)インジケーターや、クローズオールポジション機能などのポジション監視機能を有効にすることができます。各機能や情報の表示を有効にするには、[ポジション設定] タブで該当するチェックボックスにチェックを入れます。
パネル内のポジションデータの並び方をコントロールすることができます。 [ポジション設定] タブの [ソート] をクリックすると、ポジションデータのアイコンを上下にドラッグして並べることができます。 
関連記事
バイナンス先物の商品と機能の概要