仮想通貨を購入
フィアット
マーケット
NFT (非代替性トークン)
New
ダウンロード
English
USD
サポートセンター
FAQ
仮想通貨デリバティブ
先物取引
先物取引ガイド

先物注文が成立しない理由

Binance
2021-09-01 00:50
先物市場で取引を行う場合、注文ができなかったり、約定されなかったりする場合があります。それには、いくつかの理由が考えられます。

注文の失敗理由:

  1. お客様の証拠金残高不足: 他に証拠金を使用した未決済の注文がある場合や、注文金額がポジション金額を超えている場合に、ポジションをオープンするために追加の証拠金が必要になります。レバレッジが低ければ低いほど、必要な証拠金残高は高くなります。レバレッジを変更することで、残高不足の問題を解決することができます。
  2. 指値ポジション: 逆指値注文の注文では、逆ポジションの超過によりネットポジションの証拠金残高が不足しています。トレーダーがオープンすることのできる最大の想定サイズは、多様なレバレッジに依存します。
  3. お客様のご注文が契約上の最低数量を満たしていません: 契約書には最低連絡数量が明記されています。詳細につきましては、USDⓈ-M先物の契約仕様をご参照ください。
  4. [リデュースオンリー]注文: 逆ポジションがない場合、ユーザーはリデュースオンリー注文を行うことができません。

受注残の理由:

  1. 市場に一致する価格が存在しない場合: 成行価格がお客様の設定価格に合致しません。逆指値注文では、成行価格がトリガー価格に達すると、その注文は市場プールに追加されます。設定された価格に達すると、注文が成立します。ストップマーケット注文では、トリガー価格を成行価格に設定することも、様々な要求に基づいて最新の価格に設定することも可能です。
  2. 成行価格が大きく乖離している場合: 設定された価格で、市場のデプスプールに一致する注文がなく、そのポジションが非常に大きい場合は、部分的に約定することも可能です。
  3. 証拠金チェックに合格していない場合 (逆指値、逆行成行注文の場合): 逆指値および、逆行成行注文では、トリガー価格と約定価格を入力する必要があります (逆行成行注文では、具体的な要望に応じてトリガー価格を成行価格や最新価格に設定することができます)。そして、注文を出す前と注文を満たす前に、二重の証拠金チェックを実行します。注文がトリガーされた場合、2回目の証拠金チェックが即座に行われます。この場合、損失が発生したり、先物アカウントから証拠金が振替されて証拠金残高が不足していると、注文状況は失効と表示されます。
関連記事
バイナンス先物のアカウント開設方法