仮想通貨を購入
法定通貨
マーケット
NFT (非代替性トークン)
New
ダウンロード
English
USD
サポートセンター
FAQ
仮想通貨デリバティブ
先物取引
USDⓈ-M 先物

USDⓈ-M先物のレバレッジと証拠金について

Binance
2021-07-21 08:11
バイナンスでは、高度なリスク管理システムと清算モデルを採用し、維持証拠金モデルを採用することで高いレバレッジ取引をサポートしています。最新の情報は、取引ルールのページをご覧ください。

最大ポジション、最大レバレッジ、当初証拠金率とは?

利用可能なレバレッジの最大値は、お客様のポジションの想定元本に依存します—ポジションが大きければ大きいほど、レバレッジは低くなります。お客様のニーズに応じてレバレッジを調整することができ、すべてのポジションサイズは契約の想定元本 (USDTまたはBUSD建て) に基づいて計算されます。 従って、当初証拠金は選択したレバレッジによって決定されます。
ポジションを建てる前に、まずレバレッジを選択して (当初証拠金の要件を満たして) おかないと、デフォルトでは20倍に設定されますのでご注意ください。レバレッジが高いほど、開くことのできる想定元本は小さくなり、レバレッジが低いほど、開くことのできる想定元本は大きくなります。 
2021年7月27日より、バイナンス先物は、登録された先物アカウントが60日未満のユーザーにレバレッジ制限を課します。次のレバレッジ制限が適用されます:
  • 施行日以降、登録された先物アカウントが60日未満の新規ユーザーは、20倍を超えるレバレッジでポジションをオープンにすることができなくなります。
  • この新しいレバレッジ制限は、登録された先物アカウントが60日未満の既存ユーザーにも適用されます。
    • レバレッジ20倍未満のオープンポジションを持つユーザーは、レバレッジ20倍を超えてオープンポジションを調整することはできません。
    • レバレッジが20倍を超えるオープンポジションを持つユーザーは、ポジションレバレッジを維持することを選択できますが、ポジションレバレッジをさらに上げることはできません。オープンポジションを20倍以下にレバレッジ解消することしか認められません。
  • オープンポジションを持たない新規ユーザーの場合、すべての新規ポジションがレバレッジ20倍を超えてはなりません。
  • 新規ユーザーのレバレッジ制限は、登録から60日後にのみ徐々に増加します。
追加注意:
  • 分離マージンモードでオープンポジションを持っている場合、レバレッジを下げることはできません。
  • クロスマージンモードでは、同じ種類の資産間でのみ証拠金を共有することができます。例えば、クロスマージンモードでは、USDⓈ-M先物ウォレットにあるすべてのBUSDを、すべてのBUSD証拠金契約に使用することができます。
  • 各階層の最大ポジション制限には、ロングポジションとショートポジションの両方が含まれます。
システムには、以下のようにレバレッジの異なる階層の最大許容ポジションサイズが表示されます:
mceclip0.png

維持証拠金とは? 

維持証拠金は、異なる想定元本の階層におけるお客様のポジションに基づいて計算されます。つまり、どのようなレバレッジを選択しても、維持証拠金は常に同じように計算されます。ある階層から別の階層に移動しても、前の階層のレバレッジが変更されることはありません。ポジションが大きければ大きいほど、維持証拠金率は高くなります。
ほとんどの取引所では、維持証拠金は通常、当初証拠金の半分です。しかし、バイナンスでは、維持証拠金は当初証拠金の半分以下で済むため、トレーダーにとってはメリットが大きくなります。
ここで注意したいのは、維持証拠金が清算価格に直接影響するということです。自動レバレッジ解消を避けるためには、担保が維持証拠金を下回る前にポジションを閉じることを強くお勧めします。
関連記事
USDⓈ-証拠金先物契約の仕様