Foresight Newsによると、RSS3チームはプラットフォームXで、ChatGPTツールを使用して「Web3ソーシャルアクティビティ」と呼ばれるGPTのカスタマイズバージョンをリリースしたと発表した。その目的は、ユーザーにWeb3の知識を提供し、アクセシビリティを向上させ、Web3への参入障壁を下げることだ。この機能により、ユーザーはシンプルな会話型インターフェースを通じて、リアルタイムのオープン情報からコンテンツを生成できる。たとえば、ユーザーは0xアドレスまたはENSドメインを入力して、そのアドレスに関連付けられた最新のアクティビティを知ることができる。このツールは、オンチェーンデータからのコンテンツ生成、トランザクションの追跡、新しいNFTの分析もサポートしている。