現物トレードと先物トレードの違いについて

Binance
2021-05-31 04:38

仮想通貨先物トレードとは?

仮想通貨先物は、特定の仮想通貨の価値を表す契約です。先物契約を購入する際、基礎となる仮想通貨を所有しているわけではありません。その代わりに、後日、特定の仮想通貨を売買することに同意した契約を所有します。

仮想通貨現物トレードとは?

現物市場では、BitcoinやEthereumなどの仮想通貨を、すぐに受渡できるように売買します。つまり、仮想通貨は市場参加者 (購入者と販売者) の間で直接取引されます。現物市場では、仮想通貨の直接的な所有権を持ち、主要なフォークへの投票やステーキング参加などの経済的利益を得ることができます。

仮想通貨現物トレードと仮想通貨先物トレードの違いは何か?

1. レバレッジ - レバレッジは、先物トレードの資本効率を非常に高めます。先物契約では、1BTCの先物ポジションを市場価格の数分の一の価格で建てることができます。一方、現物取引では、レバレッジをかけることができません。例えば、1BTCを現物市場で購入するには、数千ドルが必要になります。あなたが10,000 USDTしか利用できないと仮定すると、この場合は10,000 USDT分のBitcoinしか購入することができません。
2. ロングまたはショートへのフレキシブル - 現物市場で仮想通貨を保有している場合、時間の経過とともに仮想通貨の価値が上昇することで、資本増価の恩恵を受けることができます。一方、先物契約では、短期的な価格変動から利益を得ることができます。Bitcoinの価格が下落しても、下降トレンドに参加し、価格が下降し続けることで利益を得ることができます。先物契約は、予期せぬリスクや極端な価格変動からの保護にも利用できるため、マイナーや長期投資家にとって理想的な商品です。
3. 流動性 - 月間取引高が数兆ドルに上る仮想通貨先物市場は、深い流動性を提供します。例えば、Bitcoin先物市場の平均月間取引高は2兆ドルで、Bitcoin現物市場の取引量を上回っています。その強固な流動性は、価格発見を促進し、トレーダーが市場で迅速かつ効率的に取引を行うことを可能にします。
4. 先物価格と現物価格ー仮想通貨の価格は、需要と供給の経済的プロセスを通じて購入者と売却者によって決定されます。現物価格は、現物市場におけるすべての取引の支配的価格です。一方、先物価格は実勢の現物価格に先物プレミアムを加えたものです。先物プレミアムは、プラスにもマイナスにもなります。プラスプレミアムは、先物価格が現物価格よりも高いことを意味し、逆にマイナスプレミアムは先物価格が現物価格よりも低いことを意味します。需要と供給の変化は、将来のプレミアムを変動させる可能性があります。